ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

miss universe

さっきテレビで見た。

  ミスユニバース 森理世さんへのインタビュー


Q「好きな男性のタイプは?」

A「容姿とか身長とか気にしない
んですよ。

中身のある人がいいです。

・・・・あとおじさまが好きなんで

リチャード・ギア

がいいです」


全部兼ね備えとるやんけッ!!!(笑)



スポンサーサイト

  1. 2007/05/30(水) 17:13:56|
  2. 日記
  3. | コメント:2

小説 「疾走」 レビュー

20070527011623.jpg
「疾走」 重松清著
読破!!

こりゃ名作だ!そりゃ映画化もされるわ!

この前読んだ「嫌われ松子の一生」と同じく、
普段本を読まない人にもオススメしたい名作。
(そういや映画どちらも中谷美紀が出演してるな。幸が薄い役が多い・・・)


小説に置ける
「名作」とは、
「早く読破してしまった作品」
ではなかろうか?

寝るギリギリまで読み、起きて、出勤ギリギリまで読んで。ほぼ一日で上下読み終えました。
話の続きが気になってしょうがないんだもの。
(主人公「シュウジ」が
家族、学校、恋愛、青春、挫折、差別、暴力、セックス、犯罪など、さまざまな出来事に巻き込まれながら成長していきます)
まさに「疾走」する主人公、に追いつこうと。

このジャケット。
インパクトありますね。
キングクリムゾンのファーストアルバムかと思ったぜ。






  1. 2007/05/27(日) 01:39:52|
  2. 読書
  3. | コメント:0

小説 「疾走」 重松 清 

今読んでます。
20070526021213.jpg
「疾走」 重松清著

長い作品(上 下)です。
この作家の作品で読んだのは
「流星ワゴン」
のみ。


重たいです。ずっしり重い・・・。
内容が。

エグイ人生を綴る
こういう作風、(なぜか「血と骨」を思い出した)
大好きです。

(前回の、「時生」東野圭吾著
感動しました。ちょっと泣いたかも)




  1. 2007/05/26(土) 02:22:05|
  2. 読書
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad