ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

SUMMER SONIC'08 第2弾発表!

サマーソニック 08 続報!
参加アーティスト

SEX PISTOLS/THE PRODIGY/ALICIA KEYS/FATBOY SLIM
PAUL WELLER/DEVO/THE JESUS AND MARY CHAIN
PANIC! AT THE DISCO/MAXIMUM THE HORMONE
ZEBRAHEAD/AGAINST ME!/BEAT UNION/BAND OF HORSES
BEDOUIN SOUNDCLASH/CAJUN DANCE PARTY/CRYSTAL CASTLES
FRIENDLY FIRES/JACK'S MANNEQUIN/JUNKIE XL
LATE OF THE PIER/THE METROS/MUTEMATH/NEW FOUND GLORY
NEW YOUNG PONY CLUB/OLD MAN RIVER/POLYSICS
SILVERSUN PICKUPS/SKINDRED/SOUTH CENTRAL
THE SUBWAYS/THE TING TINGS/WE SMOKE FAGS/XAVIER RUDD



なんかフジロックみたいなメンツだな・・・。


個人的にはイマイチ。

(去年も「イマイチ」って言ってたけど結果的には最高でした)
(去年のモーターヘッド、スイサイダル~のようなヘヴィ勢を増やしてほしい)



スポンサーサイト

  1. 2008/02/27(水) 13:39:47|
  2. 日記
  3. | コメント:0

分岐点。

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請





  1. 2008/02/26(火) 21:55:42|
  2. 日記

小説「死のロングウォーク」

死のロングウォーク
「死のロングウォーク」 スティーブン・キング 著 (原題 「THE LONG WALK」)

スティーブン・キングが、
リチャード・バックマンというペンネームで
40年前(!)に書いた作品。
(出版されたのは1979年)

【あらすじ】
「ロングウォーク」という競技に参加した100人の少年達。
最後の1人になるまで(多額の賞金のため)アメリカの大地で競い合う。

【ロングウォークのルール】
・参加者は14~16歳の男性(自由参加)
・より遠くまで歩いた最後の人が優勝
・「警告」を4回受けたら即射殺(武装した兵士が常に近くの車にて監視)
・「警告」は一定時間でひとつ解除される
・水等は支給される

(「警告」される行為)
「止まる・逆走」
「時速4マイル(時速約6、5キロ)以下で歩いた場合」
「他のウォーカーへの妨害並びに見物者等への接触」
「コースを外れる、逃げる等」
など。


【感想】
ずーっと読みたかった作品。
凄い設定です!斬新です!
「バトルロワイヤル」は「殺す」だが、
これは「歩く」

とにかく歩く!
登場人物は、歩きたおします!!
何人も死にながら、生き残りは歩きまくります!!
(休憩無しで、東京ー大阪間を歩くくらいの勢い)
歩くだけの小説なら面白くないけど、
ウォーカー同士の会話(やりとり)が興味深くてすぐに読破できる作品。


・登場人物ほぼ全員が死ぬ。
という、死亡フラグMAXな設定もスリル満点。

「俺、このロングウォークが終わったら、体験を本にして出版するんだ」
「新婚ホヤホヤで参加した。カミさんがこの前妊娠したし・・・」
↑こんなベタな死亡フラグもあり、楽しめました。



読みやすさ
★★★☆☆

100人の登場人物を
ダルくさせない描写、素晴らしい!
でも
後味の良い作品ではないかな。





  1. 2008/02/24(日) 23:22:36|
  2. 読書
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad