ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

映画「キングダム 見えざる敵」

キングダム
「キングダム 見えざる敵」 (原題 「THE KINGDOM」)


国際的、宗教的、話が絡んだ作品。
日本人には理解できない描写が多いです。

【あらすじ】
サウジアラビアで悪質なテロが発生。
FBI捜査官達(たった)4人が、
五日間という期限の中で事件の究明に向かう。


【感想】
正直言って、途中までは退屈でした。
気分を害したシーンもあり。

ですが
この作品、
ラストシーン(ラスト数十分)が
凄い!!
ラストの為だけでも観る価値あり!!

そのラスト、
ずっと銃撃戦の描写なんですが。
臨場感、迫力、展開、アクションの立ち回り等、
映画史上に残る出来です!!

鳥肌立ちました。

観てて「ヒート」の銃撃戦を思い出したんですが、
調べたら、マイケル・マン製作やん(笑)。納得。
(映画「ヒート」の銃撃シーンはむちゃくちゃかっこいい)


「ヒート」
「エイリアン2」
「プライベートライアン」
並みの素晴らしさ。
(ラストのアクションシーンが)

アクション好きは是非ご賞味あれ。




スポンサーサイト

  1. 2008/04/30(水) 00:16:24|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0

カオスな状態

本日、
車で国道を走っていたんです。
(時間的には夕方のラッシュ時)(左車線)

・・・突然
左車線だけかなりの渋滞に。


俺は咄嗟にブレーキを踏んだ。(ここだけかっこいい文章)


「何?事故?」と、前の方を見てもよく分かりません。
信号もかなり前の方にあります。
急いで無かったから車線変更せずにしばらく待ちました。

それから
信号一回り分(?)待ったが
前の車すら動かないんです。
結局、車線変更しました。


・・・ユージーは次の瞬間(50メートル先で)

恐るべき光景を目の当たりにした!!!



つづく(ウソ)



長時間並んでまで
若干のガソリン代浮かしたいですか。そうですか。




  1. 2008/04/29(火) 22:17:50|
  2. 日記
  3. | コメント:2

小説「悪意」

悪意
「悪意」 東野圭吾 著

ある殺人事件の第一発見者の1人、
野々口修と、
その事件の担当刑事である
加賀恭一郎、
二人の視点で描かれている作品。

【感想】
前半は
「火曜サスペンス劇場」(笑)。

ありきたりな展開なので
退屈気味に読んでました。

が、
後半の展開には驚きました。
全部で9章から成り立つ話なんですが、
とある章から話の流れがガラリと変わります。

まさかこう来るとは。
ある意味反則な展開(結末を予想した人はまずいないかと)ですけど。

この手の話(トリック)は
今まで読んだことがありません。

新食感ならぬ、
新読感を味わいました。

読みやすさ
★★★★★




  1. 2008/04/29(火) 01:14:58|
  2. 読書
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad