ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

小説「ゲームの名は誘拐」

ゲームの名は誘拐
「ゲームの名は誘拐」 東野圭吾 著


【あらすじ】
とあるきっかけで知り合った男女が
大金持ちを相手に
狂言誘拐を企てる。


【感想】
とにかく伏線が多い。(多すぎる?)
意味深な文章が多くて
逆に「これ、なんかあるな!」って勘ぐってしまいました。

キャラ、イマイチです。
頭良いのかアホなのか、よく分からん主人公。
ヒロインも金持ちのおっさんも魅力に欠ける。

ネタバレに関しては
「さすが!」です。

読みやすさ
★★★★★

【余談】
映画は(「g@me.」)
評価高いですね!
観ようかな。

でも俺、
仲間由紀恵
嫌いなんです。
演技(キャラ)がどれも一緒に見える。
CMでも全部同じ。
特に「ご○せん」の演技は見てられないレベル。



スポンサーサイト

  1. 2008/05/30(金) 03:12:41|
  2. 読書
  3. | コメント:0

サマーソニック 08 大阪

買いました!
サマソニのチケット!!
もちろん二日通し券。

お値段
二万六千円也。
痛い出費だが
あの楽しさを考えたらタダみたいなもんさ。

8月が楽しみ!

あとは
追加アーティストのラウド寄り希望!!

飛び跳ねたりして楽しむバンド、今年は少なくないですか?
ヘドバンできそうなバンドなんか、わずか数組。


一番の疑問
「THE VERVE」
ってそこまで需要あるの?
(食われそうな大トリでは?)


ジャックスマネキンのキャンセル
痛いぜ!!




  1. 2008/05/26(月) 03:45:40|
  2. 日記
  3. | コメント:0

小説「サウスバウンド」

サウスバウンド
「サウスバウンド」 奥田英郎 著

2006年本屋大賞第2位

【感想】
イマイチでした。

批判意見としては、
・小学生である主人公の心理描写が現実味に欠ける。
・「え?これで終わらすの?」的な、投げっぱなしな部分がいくつかある。
・長い
・両親の時代背景、要因がもう少し欲しかった(父母に感情移入できなかった)。
こんな感じ。

「誰もが沖縄に興味を持つ作品」
これは断言します。
この小説読んで、行きたくなりました。
(話的には、前半(東京編)の方が面白かったし読みやすかった)

読みやすさ
★★★☆☆


【余談】
映画、酷評されてますね。(小説は世間で大絶賛されています)
沖縄を堪能できる映像美を期待してるので観たいんですが・・・。

個人的には豊川悦司を主人公にしたのは失敗だと思います。
イメージ的に違うなぁ。




  1. 2008/05/22(木) 23:18:01|
  2. 読書
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad