ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

100均で買って良いもの、悪いもの

一人暮らし歴 長いユージー。
買い物は、とにかく安く済ませたい。
そこで
やはり一番お世話になるのは

「100円均一ショップ」。

何でも売ってます。色々あります。
「これ、100円(105円」でいいの?」って思う時もたくさん。

ですが
気をつけましょう。
原価が100円未満やから(←これ一概には言えない?)売るわけです。
確実に店が儲かる仕組みです。当たり前やけど。
中には粗悪品もあります。

以下、
俺が実体験で勝手に決めます。

「100均で買って良いもの」

・小物入れ等のプラスチックもの(インテリアのセンス問わないなら)
・工具
・一部の文房具(テープ等はしょぼい)
・トイレ入浴用品(シャンプーなどは除く)
・鏡、爪切り等の身だしなみ系
・ハンガーや洗濯バサミ
・食器
・外出用ではないサンダルやスリッパ
・一部の化粧関係(リップは微妙なライン)

「100均で買わない方が良いもの」

・布関係全般。下着やクッションなど(ヨレヨレ。破れやすい)。
・電化もの
・CD-R等のメディア
・教材(検索したら済む)
・ティッシュペーパー
・PCゲーム
・お部屋の消臭剤(効かない)
・一部の食品(スーパーの方が安い)
・傘(即潰れる)
・「100均に過大に要求する気持ち」

経験上言えること、
「劣化(消耗)の可能性があるものは背伸びして買いましょう。逆に高くつくから」
特に下着。
ユニクロで買う方がずっといい。
先日、100均で買った靴下が一日で破れました。

100円




スポンサーサイト

  1. 2009/10/31(土) 02:27:43|
  2. 主張
  3. | コメント:2

香川県といえば?

同僚「(ユージー)さんってどこ出身なんですか?」

ユージー「香川県です」

同僚「   」
  ここ↑に入る・・・、

セリフランキング!!!
(俺の実際の体験談)

要は
俺が県外で知り合って間もない人が、「香川県」で最初に連想した言葉。

まずは
少数意見から。

「水不足」
「瀬戸内海」
「瀬戸大橋」
「日本面積最下位」
「MONSTER BASH」(まんのう公園)
「金毘羅」

さらに少数意見。(香川って聞いてこれを最初に言うのは珍しいけど実際いたんです)
「尽誠学園」
「ゴールドタワー」
「丸亀ボート」
「レオマワールド」

それではベスト3の発表です。


第1位 「うどん」(80パーセントを超えます)

第2位 「高松市」

第3位 「香川県ってどこですか?」
これは若い女性に多いです。
九州だと思っていたり「神奈川県」と勘違いしたり。

香川県、マイナーですみません。
自慢ですがうどんくらいしか誇れるものがありません。

【結論】
冒頭の会話になった際、

同僚「讃岐うどん美味しいですよね」
ユージー「  」
多いため↑この返しが最近めんどくさくなってきた。

愛媛出身・・・「みかん」と言われる
長野出身・・・「スキー」と言われる。
とかも多分同じ心境なんだろうなー。
「もうみかんの話言い飽きたわ!」みたいな。

うどん





  1. 2009/10/26(月) 01:54:09|
  2. ランキング
  3. | コメント:5

映画「スラムドッグ$ミリオネア」


「スラムドッグ$ミリオネア」 (原題 「SLUMDOG MILLIONAIRE」)

ダニー・ボイル 監督作品
2009年度アカデミー賞最多受賞作(トップである作品賞含む)

【あらすじ】
インドの青年が「クイズミリオネア」に出演し、
次々とクリアしていく。
「不正ではないのか?」と青年は疑われ、質疑(や拷問)にかけられる。

【感想】
やりましたね!!
ダニー・ボイル監督!!
おめでとうございます(遅い)!!

ダニー・ボイルといえば、
「トレインスポッティング」で評価されたはいいが
その後の作品で正当な評価されていない不運な(それでいて有名な)監督。
(俺は「28日後」や「ザ・ビーチ」、「シャロウグレイブ」好きです!!)

名作!
映画のあるべき姿!
・取って付けたようなCG無し!
・有名俳優出演無し!(これが一番凄い!!)
・無駄なシーン無し!
・感動のラスト!

予告編など極力観ないで
鑑賞に臨んで欲しい作品です。

そして
ダニー・ボイル監督といえば
「音楽」!!!
かっこいいです!!インドミュージック満載。そして聴きやすい。
サントラ欲しい!!

主人公(大人)
演技素晴らしい!!

ヒロイン(大人)
めちゃめちゃ綺麗です。

でもどちらかというと
映画慣れしてる人向けな内容です。




  1. 2009/10/22(木) 21:27:51|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad