ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

【食べ歩き】宝屋

京都市、三条大橋の近く
熟成細麺 宝屋
先斗町本店
に行ってきました。

宝ラーメン 650円 を注文。


豚骨ダシの細麺。

細麺好きなので期待してましたが
特にパンチやインパクトの無い
ふつうの豚骨ラーメン。
絶賛はしないけど美味しかったです。

・ジャスが流れている
・京都っぽい外観内装
・やかんが渋い
・京都女性客(仕事前の和服姿)が多い
等、ラーメン以外ではインパクトありました。

本店(先斗町)限定、
「すましラーメン」
食べればよかったなー。後悔してます。



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2010/04/30(金) 21:09:23|
  2. グルメ
  3. | コメント:0

映画「ロフト.」


「ロフト.」(原題「LOFT」)

(注 邦画の「ロフト LOFT」との関連はありません)

「ベルギー国民10人に一人が見たスーパーヒットサスペンス」!!

【あらすじ】
富のある男性既婚者5人が
浮気専用の1つの相部屋をこしらえた。鍵も5人分用意。
それぞれうまく逢瀬を重ねていたのだが
ある日その部屋で女性の変死体が見つかった。

【感想】
個人的には
いたって普通の出来。
特筆する箇所は無いです。
ビックリするオチでもないしテンポよく進むわけでも無い。
「金持ち男性が不倫しまくった挙句の事件」
共感も出来ません。

サスペンスなんですが
「羊たちの沈黙」「ボーンコレクター」「アイデンティティ」
のような猟奇的要素はありません。
そういうのは期待しないでください。
大人の情事や
かけひきを味わう
火曜サスペンス的作品です。

なんかねー。
これも個人的なんですが
もう少し容姿端麗な人が多く出てたらまた違ったと思います。
男達のルックスが、かっこよくないんですよ。
おっさんばかりですがそれを差し引いても。
仮に俺が女だとして
「こいつになら抱かれてもいい」
って俳優は一人もいません。

「こいつになら掘られてもいい」
って俳優も一人もいません。
(注 他の映画でも、いません)


【ネタバレ】
人が部屋で死んでいる状態で映画が始まりますが
「SAW」と同じオチではありません。




テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/27(火) 01:54:34|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0

映画「エスター」


「エスター」 (原題 「ORPHAN」) 「ORPHAN」は孤児という意味

イザベル・ファーマン 主演作品

【あらすじ】
謎めいた美少女エスターを養子に迎え入れた一家に
その後災難ばかりが襲い掛かる。




【感想】
かなり完成度の高いサスペンスホラー!
2000年代の名作の仲間入りしてもいいでしょう!

なんといっても見所は
エスター役の
イザベル・ファーマンの熱演、怪演。

まあジャケットとあらすじ見てだいたい分かるでしょうから書きますが
エスターは極悪非道。悪ガキってレベルじゃありません。
むちゃくちゃしよります。
本当にぶっとんでます。クレイジーです。
それを、
10歳そこそこのイザベル・ファーマン(現在12歳)が
「ミザリー」のキャシーベイツ並みの迫力で演じます。
特にトイレのシーンはすさまじい。
素晴らしい女優。今後が楽しみすぎます。

ちなみに今まで俺が
子役観て「天才!!!」って思ったのは

「ギルバートグレイプ」のレオナルド・ディカプリオ


「エクソシスト」のリンダ・ブレア
です。
イザベル・ファーマンがリンダ・ブレアの様に
「「エスター」のイザベル」というレッテルを貼られると俳優としては危険ですね。
これからの作品に恵まれることを祈ります。

主演女優の話ばかりになりましたが
ホラーとしても良作。それなりにエグイです。
特に万力のシーンは「やめてええええええ!!」ってなりました。
サスペンス的な「ネタバレ」もあります。

他の俳優も良いです。実娘のマックス役の
アリアーナ・エンジニア
も今後が楽しみ。めちゃめちゃ可愛いし。(注 変な趣味はありません)


上がイザベル・ファーマン、下がアリアーナ・エンジニア。
どうです?可愛いでしょう?(注 変な趣味はありません)


【以下、白字でネタバレ含む感想】

過去の「池での事件」や「アルコール依存」の話が会話上のみで
映像では無いのが気になった。描いても良かったのでは?
夫のジョンは殺す必要あったのか?劇中一番良い人なのに。
ダニエルの安否も最後に伝えてほしかった。家族のシーン足すとか。








テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/23(金) 01:58:06|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad