ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

映画「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」


「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 (原題 「THE HANGOVER」)

「HANGOVER」=「二日酔い」

【あらすじ】
1人が後日結婚する為、
男親友4人で「独身最後のパーティ」をベガスで行う。浴びる様に呑む。
あくる日 滞在先ホテルで目覚めたら、
・全員、昨夜の記憶が無い
・4人中 1人がいなくなってる
・部屋に動物や赤ん坊がいる
・負傷している
などなど。むちゃくちゃな状態。

いなくなったのは、肝心の 結婚する男、ダグ。

残った3人は
ダグと
記憶
探しの旅に出るのであった。



【感想】
これは面白かったァァー!!!!
酒呑んで記憶無くした経験がある人必見(?)!


酒呑んで記憶無くした経験多数の俺。
共感出来てかなり楽しめる映画でした。


でも
呑みすぎて観た為、
この映画の内容を、
覚えていません。



ってのは嘘です。

名作です。

こういう
男の友情とか腐れ縁とかバカ騒ぎみたいなの大好きです。
気が合う親友同士で、次の日のことなど考えず呑みまくる、って最高ですね!
俺も出来ることなら親友達とベガスに遊びに行きたい。

笑えるシーン、脚本、多数。
久しぶりに映画で笑いました。

さらに時間軸を遡り
昨夜の行動を解明していくストーリーなので
謎解き&コメディ
な、新しい内容。

男向け映画ですが
主演4人中、2人はかなりイケメンです。セクシーです。
女性も要チェックです。

へザー・グラハムを久しぶりに観た。ちょっと老けたけど好きです。



【ネタバレ】

スタッフスクロールで
ネタバレするのは素晴らしい。
観ていて楽しかった。




スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/29(水) 03:26:59|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:2

映画「プレデターズ」


「プレデターズ」 (原題 「PREDATORS」)

【あらすじ】
気がついたら
見知らぬジャングルにいた戦士たち。
他人同士だが結束して行動することに。




【感想】
「プレデター」シリーズ最新作。
最新作ですが「1」のリメイク的な内容です。

「1と同じようなことする最新作」
ここまではいい。他にもある。

だがこの作品は許さん。

ひどすぎる。

まるで
ダメな邦画を観た時の様な後味。

ダメな内容
一気に書きます。



(注 ネタバレ満載)

・アクションスターでは無い、エイドリアン・ブロディを主人公に抜擢。
・ローレンス・フィッシュバーン(の役)の出てくる意味が全く無い。
・主人公側の行動がアホすぎる。
・脚本も微妙。
・SFな要素はいらんかった(これはかなり個人的)
・かっこいいアクションシーンがひとつも無い。
・まさかのチャンバラ(プレデター対日本刀極道)。
・プレデター対プレデターのシーンがあるけどなんのこっちゃ分からん。
・無駄に「1」へのオマージュを入れる。
・オマージュ入れるくせに肝心なところは入れていない(肉弾戦OKや、自爆など)。
・最後のシーン、なんやねん!誰が降りてきてるのか普通気になるやろ!!



「「プレデター」の映画は稼げるんやろ?」
という、
製作サイドの勘違いが
にじみ出ている作品。
こんなんでも稼いだんやろなー。


アーノルド・シュワルツェネッガー主演の
「プレデター」は名作です。
皆さん観てください。




テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/27(月) 03:21:51|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0

2010年 ベスト!

俺の 2010年、
映画・小説・音楽ランキング1位を発表します。

2010年に
観た映画の
1位は、


2008年(!)のフランス作品
「マーターズ」 (「MARTYRS」)


(DVD発売は今年)

これは本当にインパクトがある作品です。もの凄い衝撃を受けました。
「マーターズ?観たけど全く覚えてないや」
って人は、まずいないでしょう。
個人的には
「タクシデルミア~」以来の衝撃作品。
かなりグロなんでオススメはしませんが
素晴らしい映画。



2010年に
読んだ小説の
1位は、


「指し手の顔 脳男Ⅱ」


ミステリー・ホラー・アクションという
俺の好きなジャンルが詰め込まれていて
文章も秀逸。伏線も回収。
続編への布石もあり。
もう一回読みたい!!(普段こうは思わない)



2010年に
聴いたCDの
1位は、


TWO DOOR CINEMA CLUB 「TOURIST HISTORY」


最近は個人的に
「踊れるロック」
が大好きなんです。

境界線は微妙ですが(俺が決めることですが)
メタルでもポップでも踊れる曲が好き。
とにかく
ギターがジャーンって鳴ってて、さらに
踊れる感じだと
良いんです!(個人的過ぎる)


TWO DOOR CINEMA CLUBはそういう意味で
どストライクですね。
CDも良いんですがライブがめちゃくちゃかっこいい。
お酒(ビール)が進むし体が自然と動いてしまう。



踊るって言っても
もちろんメロディも大事です。
TWO DOOR CINEMA CLUBの楽曲は歌メロも演奏もかっこいい。




テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/12/25(土) 03:32:58|
  2. ランキング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad