ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

小説「フランキー・マシーンの冬」感想


「フランキー・マシーンの冬」(原題「The winter of frankie machine」) ドン・ウィンズロウ 著

「このミステリーがすごい!」2011年度 海外編 第4位

【あらすじ】
62歳のフランク、
ある日突然命を狙われた。
今は別の稼業を営むが元は凄腕の殺し屋。心当たりはいくつかあった。

【感想】
著者の「犬の力」もそうですが
ミステリーというよりはハードボイルドですね。

命を狙われるフランクが
「なぜ俺が殺されなきゃいけねえの?」と、
なんとか戦いながら
現役凄腕時代の自分を回想し
原因を突き止めていくストーリー。
フランクはおじいちゃんになっても凄腕。
かっこいいです。全く衰えていません。

アクションシーンも多いし
元はただの運転手だったフランクの、登りつめる様も描かれています。
ちょっとしたドンデン返しもあります。
かなり入り込める作品。
「犬の力」と同じく登場人物多いのが少しだけ読みづらいかな。

読みやすさ
★★★☆☆

描写が巧い作品は
脳内映像と共に読みます。
俺の中では
フランクは、
ジェフ・ブリッジスでした。
(映画化してほしいな)




Jeff Bridges
こんなかっこいい60代はまずいない。




スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/30(土) 02:59:12|
  2. 読書
  3. | コメント:0

【食べ歩き】龍園

京都市中京区にある 老舗餃子専門店
龍園
に行ってきました。

昭和の大衆食堂風
カウンター席のみのお店。
お水はセルフ。

定食時間外に行きました。
餃子と何かご飯ものでも頼もうかとメニューを見ました・・・。

全体的に高ッ!!
天津飯870円って高ッ!!!!どんな高級卵使ってんねん!!
このお店、
「お水セルフでレトロなお店は安い」という俺の常識を余裕で覆しました。

天津飯食べたかったけど
ぎょうざ 400円 と 白ごはん 160円 を注文。


餃子、注文してから皮に包むので少し待たされます。
ニンニクがほぼ効いてないあっさりした餃子。
もう少し安ければ天津飯と一緒に食べたかった。













うん。そうだけど。そうなんですけど。
870円は高いわ。
浮いた差額分で「餃子の王○」行ってくる。





テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2011/04/28(木) 20:38:12|
  2. グルメ
  3. | コメント:2

地獄のユージー 9

zigokunoyuzzy9





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2011/04/27(水) 03:21:39|
  2. 一言
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad