ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

神戸ビエンナーレ 2013

兵庫県神戸市で開催中(10/1~12/1)の
神戸ビエンナーレ 2013 へ。

「ビエンナーレ」とは、イタリア語で「2年に1度」という意味。
2年に1度開催される、神戸の芸術祭。

チケット(当日券1800円)があれば
なんと…(!)
・メリケンパーク会場
・兵庫県立美術館
・横尾忠則現代美術館
・BBプラザ美術館
などに入れるうえに
神戸港クルージングまで楽しめる、超お得な芸術イベント!
(美術館の各入館料がだいたい1000円なのでかなり良心的)
チケットは各会場や主要駅でも販売しています。

ビエンナーレの会場は
全て自転車圏内。
私はJR三ノ宮駅でレンタサイクルすることに。
(シャトルバスもありますが
 個人的には自転車移動の方が便利かつ有意義かと。待ち時間無し。都会なので寄り道もいっぱいできる)

まずは
何度も訪れている
兵庫県立美術館 へ。

複数の展覧会開催中。この時点でほぼ元取った感じ。

県立美術館のご近所、
BBプラザ美術館へ。

ここへ来るのは初。思ってた以上に小規模な美術館。
「美術館」って建物ではなく、
建物のテナントで美術館があるので、美術館ファンの私には物足りませんでした。
(横尾忠則現代美術館は今回はパス)


メイン会場(?)である
メリケンパークへ。




「アートインコンテナ」
60個以上あるコンテナの中にそれぞれ芸術作品が。


コンテナの中以外にもちらほら作品があります。


神戸港からの景色って良いですね。以前より神戸が好きになりました。






神戸ポートタワー。入りませんでした。次来たら上まで行くつもり。


以下、コンテナの作品画像。
(特に印象に残ったもの)










神戸港から遊覧船に乗船。


クルージングを楽しみながら(ガイド付、バーもあり)
いくつかのアート作品を発見できるという、
贅沢なひととき(40分)を味わえます。

工場かっけえええ!!


工場(造船所)見るだけでも楽しかった。


アート作品。

釣り人と比べてみたらその大きさが分かります。


以上、神戸ビエンナーレの概要と画像。
ですが
概要的には60%くいらいしか紹介していないかと。
私が行っていない展示会場は多数あります。
(三ノ宮・元町エリアには行っていませんし)

今年のビエンナーレはもう終了します。
これを見て気になった人は
2015年のビエンナーレに行きましょう!



スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/11/30(土) 02:42:18|
  2. 美術・芸術
  3. | コメント:0

お台場 ダイバーシティ東京 ガンダム

東京都江東区にある
ダイバーシティ 東京 へ。

お目当てはもちろんガンダム!!


ゆりかもめ 台場駅 下車徒歩3分。
左にあるのがダイバーシティ。


到着。まずは7Fにある ガンダムフロント東京 へ。


ガンダムフロント東京。
ショップと有料ゾーンがあります。


有料ゾーンは当日券1200円。予約だと1000円。
予約しとけばよかった。
(認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを)
せっかく来たし有料ゾーンへ。
撮影自由。スタッフに頼めば撮ってもらえる。

有料ゾーン。
コアファイターとストライクフリーダムガンダム。

他にもミュージアムや撮影スポット多数。
(悲しいけどこれ、有料なのよね)

ダイバーシティから外に出ると…
いました!!RX78-2 ガンダム!

おおおおお!!テンションMAX!!
ですがお台場に着いた時より天気が悪くなっていました。残念。
(私もよくよく運のない男だな)


ええい!連邦軍のMSは化け物か!!
以下、ガンダム画像。












安物一眼レフで撮影頑張ったんですが
(コンデジとは違うのだよ!コンデジとは!!)
(他の一眼との性能の違いが、画質の決定的差ではないことを教えてやる!)
個人的に満足な写真が撮れませんでした。
楽しかったので良しとします!!
(旅行行って無事に帰れたなら、どうということはない!)








テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/11/27(水) 20:32:29|
  2. 旅行・観光
  3. | コメント:2

東京観光 旧岩崎邸庭園

今年2回目の東京観光。
(本当は長野観光~栃木日光観光の予定でしたが変更)

東京都台東区にある
旧岩崎邸庭園 へ。
開園9時~。朝早いのは良いですね。
上野の主要美術館開館までに行くと得した気分に。

最寄り駅は東京メトロ千代田線 湯島。徒歩3分。
入園料400円。

三菱財閥岩崎家本邸だった建物とその庭園。

国の重要文化財「岩崎邸邸宅」
設計はイギリス人ジョサイア・コンドル。

洋館。

建物内撮影禁止。

洋館南側。



岩崎さんええところ住んではったんやなあ。

撞球室。


和館。


庭園よりは建物とその中を楽しむスポットかもしれません。
上野の観光名所のひとつです。


次回、「お台場に散る!」
(散りません)




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/11/24(日) 08:06:47|
  2. 旅行・観光
  3. | コメント:2
次のページ

FC2Ad