ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

映画「レ・ミゼラブル」感想



「レ・ミゼラブル」 (原題 「LES MISERABLES」)

トム・フーパー 監督作品

ヒュー・ジャックマン
ラッセル・クロウ 
アン・ハサウェイ 出演作品


【あらすじ】
パンを盗んだだけで19年間の投獄生活を送った男
ジャン・ヴァルジャン
の、出所してからの生涯を描く

【感想】
泣いた!肩を震わせて泣いた!嗚咽がもれそうにも(我慢しました)。
(涙もろくなったのか?)

映像美や音楽はもちろん、
俳優陣(配役、演技、歌唱)が素晴らしい!!
主演2人(共に元ミュージカル俳優)と
エポニーヌ(マリウスに片思いの子)役のサマンサ・バークスが
特に印象に残りました。
サマンサ・バークスは元々舞台でエポニーヌ役をやっていたらしいですね。

全映画ファン必見!
(伝統ある作品のあらすじにツッコミ入れるような人にはオススメしない)

この映画の最大の特徴であり、前人未到の最強の武器である、
アフレコ無し
これを
体験(鑑賞)するだけでも今作を観る価値はあります。
ほぼどの俳優にも、泣きながら歌うシーンがあるんですが
凄いです。(本番で(最高の出来の)歌と、悲しみを表現する)
魂がこもっています。吐息や息継ぎも収録されています。
思い出しただけでも泣けてきます。

鑑賞後は心が洗われたような気がしました。
人にもっと優しくなろうって思いました。

【余談】
俺は過去に
ミュージカル「レ・ミゼラブル」を
ロンドン、ピカディリーサーカスで観ています。
が、ストーリーを全く覚えていませんでした。
ぼけてきたか?
まあこの映画を新鮮に鑑賞できたのでよしとする(前向き)!



スポンサーサイト





テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2013/02/08(金) 18:22:05|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad