ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

小説「爛れた闇」感想


「爛れた闇」 
(「爛れた闇の帝国」が文庫化により改題)
 飴村行 著

【あらすじ】
男は 気がついたらコンクリート製の部屋で
両手両足を手枷で固定された状態で立っていた。
日本兵であること以外は記憶がおぼろげであった。


【感想】
飴村行、初 非粘膜 作品。
なので趣も少し違います。
グロさ控えめです。
ホラー色のあるミステリ作品と言ったところか。

面白かったー!!傑作!!
面白さは粘膜シリーズと比べても「蜥蜴」「人間」の次くらいに行きそう。


「自分はどんな失態を犯した為に拷問されているのか」という、
戦時中の兵士の話と

母親の恋愛相手に困惑する
高校生の話(1989年)

交互に進むストーリー。
全く先が読めません!
(一部の展開はフラグがビンビンに立っている為予想できますが)

先が読めない&話が面白い&卓越した文章力&嫌~な展開
グイグイ引きこまれました。

最終的には
伏線が回収され
全ての謎が解けます!!ほぼ全て!
後半部分で「続き読むの明日でいいや」となる人はいないでしょう。


ラスト数行の後味も最高!
(この後味が 良いのか悪いのかは人それぞれ)

グロさは少ないが
腐った人格の人間がたくさん出てくる作品。
ある意味グロ描写。不快描写注意!

個人的には
もう少し続きがあって欲しかったかなー。





スポンサーサイト





テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/04/22(月) 03:16:14|
  2. 読書
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad