ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

映画「ゴーン・ガール」感想





「ゴーン・ガール」 (原題「GONE GIRL」)

デビッド・フィンチャー 監督作品(今作がちょうど10作目)

主演 ベン・アフレック ロザムンド・パイク


【あらすじ】
 「飼い猫が外に出てきている」と近所から電話があり、帰宅したニック。
家の中が荒れている事に気がつく。妻がいない事にも…。

【感想】
話が二転三転とし、最後のワンシーンまで気が抜けないサスペンス。
世界中で大絶賛されているのも頷けます。
ロザムンド・パイクの鬼気迫る演技、お見事。
フィンチャー節ももちろん炸裂。(ダークな映像やトレントレズナーの音楽など)

ここ1年くらいでは間違いなく一番面白かった映画。観る本数少なくなったから説得力ないけど。
個人的フィンチャーランキングでも5位以内には入ります。
(1位「セブン」2位「ファイトクラブ」は不動)


↓「続きを読む」クリックで疑問点と不満点。ネタバレ少しあり。









【納得がいかない点&疑問点】ネタバレあり。



・失踪中で有名人のエイミーが毛染めしたりして別人になろうとするシーンがあるんだが、あまり変わっていない(劇的に変わろうとしていない)。
↑にも関わらず、
失踪報道TVを部屋でエイミーと観ている人が隣がエイミーだと全く気がつかない。

・エイミーのセックスシーン(描写はがっつり)があるんだが、行為の最中パンツを履いている


・パットゴルフのシーンであの距離で大金だと確信できるのはおかしい。


うーん。どなたか説明求む。


スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

  1. 2015/04/18(土) 15:32:54|
  2. 映画レビュー
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad