ROAD TO NOWHERE MAN 

香川県在住ユージーのブログ。 観光日記や映画・小説・音楽・ゲーム・飲食の感想や小ネタなど。

瀬戸内国際芸術祭2016 直島

初瀬戸芸。初直島。
秋期にやっと行くことが出来ました。(なぜか秋期まで腰が重かった)

高松からフェリーで約1時間。往復990円。安い。
私はレンタサイクルで島内移動しました。
(直島は徒歩でまわることも可能です。時間がある方はどうぞ)

以下、画像。






















李禹煥美術館とベネッセハウスミュージアムが特に良かったです。

直島といえば地中美術館ですが、
私は地中美術館のシステム
(チケットに限りあり。売り切れたら何時だろうがガラガラだろうが入れない!)
を知らず、せっかく行ったのに入れませんでした。
瀬戸芸中の日曜だったんです。予約するべきでした。
なお、売り切れていたら高松フェリーの受付の時点でスタッフが伝えてくれます。そこは親切。
(昼前のフェリーの受付で知らされていました。チケットが少ないのか人気過ぎるかはわからん)
次回の瀬戸芸までには改めて行こうと思ってます。

アートの島 直島
楽しかったです!
アート好き、旅行好き、香川県民、なら 一度は行くべきです。


【余談(?)】
この後私は豊島、小豆島と行くんですが
瀬戸芸通して大きな不満点があります。
それは

「撮影禁止作品が多すぎること」

なんと屋外の作品も撮影不可なのがけっこうあります。
色々な芸術祭に行きましたがここまで厳しいのは初めてです。
(むしろ他の芸術祭で 撮影禁止なんてあったかな?)
次回は改善してほしいものです。
スポンサーサイト





  1. 2017/02/12(日) 20:22:14|
  2. 美術・芸術
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad